【性格が良いとは】相手を気遣える、自己中心的でない【特徴と方法】

【性格が良いとは】相手を気遣える、自己中心的でない【特徴と方法】

こんにちは、つむぎゆりです!

今回は、性格が良いとはどんな人を指すのか解説していきます。

結論からいうと、相手を気遣える自己中心的ではない人のことです。

性格が良い人の特徴

「性格が良い」というワード自体、なんとも抽象的でわかりにくいですよね笑

ただこの記事では、わかりやすく性格が良い人の特徴を紹介していきたいと思います。

相手や周囲の気持ちを考えられる

やはり、自分だけではなく、周囲の気持ちを考えられる人物でしょう。

具体的には言葉にしていない気持ちを汲み取る、相手の立場になって行動できることなどですね。

有り体にいうと、これまたわかりにくい、空気を読むということでもあります笑

ただ空気が読めてもそこに優しさがなければ性格が良いとはいえず、空気が読めて優しい人が総じて性格が良いといえるのかなと。

真摯に話を聞く姿勢

性格が良い人は、相談や悩み事、普段の雑談から話を聞いてくれる姿勢が違います笑

それだけ共感性が高く真剣度が高いということでしょう。

逆をいえば、悩みを相談してもぞんざいな扱いをする人は性格が良いとはいえないでしょう笑

そういった、他人に対するアクションで性格の良さが判断できるはずです。

感情の起伏が安定している

感情の起伏が安定し、怒ったり悲しんで周りを巻き込まないことも特徴のひとつです。

たとえばすごく優しくても、メンタルが不安定な場合、性格が良いといえるのでしょうか。

また、怒鳴ったり頭ごなしに怒る人もいるため、そういった要素も判断材料になるはず。

総じて性格が良いというのは他者から見た観測のため、危害をくわえず奉仕の心を携えた、相互関係を優先する人柄のことを指すといえますね。

性格が良い人になる方法

方法、と自分で書いておいてなんですが、やはり性格がよくなる方法はあってないようなものです笑

不思議なもので、性格が良いとは自分で宣言するものではなく、相手から自然といってもらえて初めて成立するようなものですしw

ただそうはいっても、いちおう方法が存在するのも確かで、難しくはありますが不可能というわけでもありません。

なので、方法を解説するとともに、たとえば誰かに方法を紹介することもできるため、可能なかぎり記載していきたいと思います。

空気を読む(言葉にしてない裏側を見る)

空気を読むことで、人に優しくしたり気遣える行動をとりやすくなるでしょう。

で、空気の読み方なのですが、極論をいうと何度も失敗して相手が何を考えているか察知していくしかありません笑

ほかの方法としては、言葉のトーンや表情をよく観察することなどでしょうか。

また、他人の行動パターンを記憶したり、ほかの人と喋っているところを見ておいたりと、総じて観察力を鍛えることで習得できる可能性があります。

優しさを持ち、見返りを求めない

人に優しくし、そして見返りを求めないことも重要でしょう。

そもそも他人をコントロールしたり、何かを期待すること自体、不安定すぎてメリットはまったくありません笑

話を戻しますが、やはり奉仕の精神を持つことこそ性格がよくなる近道のはず。

ギブアンドテイクのギブを大事にすることを心がけましょう。

共感性を意識する

相手の意見や行動を尊重し、同調する共感性を意識しましょう。

共感性というとなかなか難しいですが、相手の立場になって考えること、気持ちに寄り添うことを指すといっていいでしょう。

やはり基本は相手の気持ちになって考えられることが、思いやりの第一歩といえます。

総じて、自分を優先せずに周りや相手のことを考える、そういった行動や心持ちが性格が良い人となる着実な方法といえるでしょう。

まとめ

以上、性格が良いとは?特徴や方法などを解説しました!

わかりにくい概念ながらも、文章化することで明確化できたのかなと思います。

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました