【フレーズ】have a seat意味、使い方【どうぞ座ってください】

【フレーズ】have a seat意味、使い方【どうぞ座ってください】

have a seat

便利なフレーズとしてよく知られる、have a seatの意味や使い方を英語初心者が調べてみました。

結論ですが、「どうぞ座ってください」など、相手に着席をうながす丁寧な言い方となります。

have a seatの使い方まとめ

  • 町中やオフィスの中など、様々な場所で使える
  • Please have a seatが最も簡単

初心者流、簡単な覚え方

いろいろと調べましたが、

Please have a seat

と言えば、どんな場面でも適用できます笑

  • 電車で席が空いている
  • 会議で相手に対して
  • お店などで

対する、有名なSit downは、親が子供に言いつけるニュアンスがあるので、使うのを避けたほうが無難です。

sit downについては別記事にまとめました↓

ただひとつのシンプルな例文

宇宙から侵略者がきたときに、僕がそのエイリアンに言った一言。

Please have a seat

逃げろ。

まとめ

以上、Please have a seatの意味や使い方についてでした。

きっかけとしては、こちらの本の中に、便利なフレーズとして紹介されているのがきっかけで僕は知りました。

海外で住まわれてる方など、実際に役立ちそうなフレーズだと思います。

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました