【フレーズ】Sit downの意味、使い方【~座りなさい、Have a seatが無難】

【フレーズ】Sit downの意味、使い方【~座りなさい、Have a seatが無難】

今回は学校の授業でよく使われた、Sit downの意味や使い方について英語初心者が調べてみました。

結論からいうと、Sit down pleaseでも失礼な表現にあたる可能性のほうが高いので、Have a seatを使ったほうが無難とのことでした。

Sit down please

Have a seat

Sit downの使い方まとめ

  • Pleaseをつけても親が子供に命令しているようなニュアンスになる
  • 相手に座ってほしいときにHave a seatを使う
  • だいぶ有名なフレーズらしくネットで賛否両論そこそこあった

初心者流、簡単な覚え方

僕は難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!という本を読んでいたのですが。

そこに、Have a seatのほうがいいよとの記述があり、へ~そうなんだくらいにしか実は思ってませんでした笑

調べてみると、出るわ出るわ、Have a seatについて解説されてるサイトさんが。

どうやら、実際のネイティブの方によれば、ニュアンスによればpleaseをつければOK、らしいですが。

基本的に、上の本の中にもありましたが、 Would you~やMay i~をつけると、「○○してください」というのは応用が効くらしいです。

そのあたりは当サイトでも記事にしています(イッツ・ア・ダイレクトマーケティング)↓

ただひとつのシンプルな例文

僕が結婚して、子供が生まれ、いつまでもその子供が食卓の席につかないとき。

Sit down.

はい、一生使いませんね。

まとめ

以上、Sit downの意味や使い方についてでした。

これたぶん、学校で馴染みがありすぎて使ってしまう問題もある気がしますね。

初心者的にはpleaseをつけたほうが簡単ですが、別の無難な表現を一緒に覚えていきましょう。

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました