【意味】Puh-lease,Holy banana pants,Done-zo【魔法のレシピ/スラング】

魔法のレシピで英語の勉強をしていて、気になった字幕の意味をネットで調べてみました!

結論からいうと、この3つは英語のスラングかと思われます。

【意味】Puh-lease,Holy banana pants,Done-zo【魔法のレシピ/スラング】

Puh-leaseの意味

ハンナ「Puh-lease.chocolate is chocolate

Puh-leaseとは、pleaseのpを強調することによって皮肉がこもった意味になっているスラングです。

Holy banana pantsの意味

ハンナ「Holy banana pants, wa’ve barely practiced

Holy banana pantsとは、ヤバい!、マジ!?、なんてこった!などの意味合いになるスラングです。

bananaという言葉自体、英語圏でよく使われるスラングで、それが変化したものだと思われます。

Done-zoの意味

ハンナ「We’re dead.Done-zo

Done-zoとは、done(終わりという意味)で、これを強調したスラングです。

まとめ

以上、魔法のレシピ:シーズン101 エピソード1に出てくる、スラングだと思われる主要なフレーズでした。

1話のあらすじ、和訳、感想などの詳しい感想も書いています。

よろしければこちらもどうぞ↓

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました