【株式投資】ポジションを持つまえに米国の経済指標を待つべき理由【初心者向け漫画】

【株式投資】ポジションを持つまえに米国の経済指標を待つべき理由【初心者向け漫画】
【株式投資】ポジションを持つまえに米国の経済指標を待つべき理由【初心者向け漫画】
【株式投資】ポジションを持つまえに米国の経済指標を待つべき理由【初心者向け漫画】

【株式投資】ポジションを持つまえに米国の経済指標を待つべき理由【初心者向け漫画】

この記事でわかること
  • 経済指標の意味や注意点
  • 株を買うタイミングがある程度絞れる
  • 日経平均の大きく動く理由がわかる

前回↓

米国の経済指標が発表で株価は大きく動く

つむぎゆり
つむぎゆり

今回は米国の経済指標のお話です!

助手
助手

日本ではないんですね?

■日本の経済指標で動くこともありますが、米国の経済指標の発表で動くことがほとんどです!

□「なぜなんでしょう? 不思議ですね、ここがアメリカだったら違和感ないんですけど」

■いろいろ理由はありますが、世界の経済の中心が米国だから、また日本の株を主に売買しているのが海外投資家だから、この2点ですね。

□「日本人じゃないんですか!?」

■圧倒的に海外投資家が多いです。

実際に見てみるとわかりますが、経済指標が発表された次の日は、結果によって株価が大きく動くことがままあります。

そもそも経済指標とは

□「あの…、そもそも経済指標ってなんでしょうか?」

■米国全土でどれだけ物が買われているか、住宅が売れたか、失業者率の数は増えたか減ったか、こういったものですね。

要は、会社の利益に関係しそうな情報、といったところでしょうか。

大抵は前年同月比(去年と同じ月)や、前月同月比(1ヶ月前)などと比べ、どう変わったかがパーセンテージで表示されます。

□「たとえるなら、ダイエットが会社で、経済指標が体重や体脂肪率ってこと…ですかね?」

■ま、まあ、それで合っていると思います(最近ダイエット中なんだろうか)

とくに注意すべきはFOMC

□「そのなかでも、とくにこれだけは注意しておけ…」といったものはあるんでしょうか。

■FOMCという、米国中央銀行の声明、ですね。

これによってアメリカの金利政策が決まるのですが、この金利というのが非常に株価にとって大事です。

どのくらい大事かというと、金利が高くなる=おこづかいが減る、といったイメージです。

□「いまいちピンとこないのですが…」

■金利が高くなると会社や証券会社がお金を借りにくくなる→そのぶん市場に出回るお金が減っていきます。

ポジションとは

■ちなみに、「ポジション」とは、株を買って持っている状態のことをいいます。

よくニュースなどで出てくる似た単語としては、「キャッシュポジション」などがあり、これはその名の通り、投資用の資金を現金に買えている状態のことです。

□「株を買う=ポジションを持つ、なんですね」

■ですね

経済指標を無視して失敗した体験談

■実は僕、昔デイトレをしていまして。

□「デイトレというのは、その日のうちに売買をする売買方法のことですよね」

■そのとおり。

そのとき日中は仕事で用事があったので、○○円で買うようにあらかじめ設定しておいたんです。

ところが、雇用統計だったかな? の数字がすっごく前日に悪くって。

そのときは経済指標とかまったく気にしていなかったのですが。

□「なんだか聞くのが怖いですね」

■そして仕事から帰ってきたら、確かに買いたい値段では買えていたのですが、その想定の数倍以上下がっていて

□「う、うわあ…」

銘柄を買うのは指標が過ぎてから

■上記の話は、デイトレだったので極端かもしれませんが、経済指標が通り過ぎたのを待ったほうが無難です。

□「でも、経済指標が終わったあとに爆上がりすることもあるんですよね?」

■もちろんあります。

そんなこといったら、いつ買っても同じじゃん、という話になりますが「できるだけ安定して利益が出る方法」を探したほうがいいです。

とくに、経済ニュースで○○のイベント前なので買いが控えられている、なんて記述があったときには売買しないほうが無難です。

ニュースを見ていれば重要な指標がわかる

□「経済指標がすぎるのを待ったほうがいいことはわかりました。

そして、それはニュースを見ていればわかるものなんですね?」

■わかります!

□「断言した!」

■みんかぶで平日の午後5時にその日のまとめが更新されていたりするのですが、そういったニュースで必ずといっていいほどイベントが言及されます

なので、個々の経済指標が覚えられない人も、経済ニュースをチェックしておけば安心です

重要指標のカレンダーを見てもOK

■もっと気をつけたければ、自らで重要イベントを把握すると手っ取り早いでしょう。

Yahooファイナンスのアプリなどで、「重要度★★★」「米国」などでソートをかければ、米国の大きな経済指標の発表だけが表示されたりします。

□「それは便利ですね。

他の国は見る必要はないんでしょうか?」

■ないです!

経済指標で調べると、世界中の様々なものがあると思いますが、アメリカだけで月に5回以上はあります。

ぜんぶ気にしていたらとてもじゃないですが株が買えないので笑。

選挙、GW、年末年始、夏休みなども注意

□「他に注意すべきイベントなどはありますか?」

■選挙は要注意ですね。

米国や日本の選挙が近いときは、いつも以上にしっかりとニュースを見るべきです。

株をやると、それまで政治に興味がなくても自然と興味が出ます笑

他には、GW(ゴールデンウィーク)、年末年始や、夏休みなども注意ですね。

□「どうしてでしょう?」

土日祝日は証券会社も休むので、その間は株の売買ができません

その間に、米国が大幅に下がったりなんかしたら、確実に連休明けで日本も下がるわけです。

□「な、なるほど…」

■ただし、連休前はみんな上記の理由で前もって売られることが多いです。

なので、下がったぶん、連休明けに上がることもあるっちゃあります。

□「結局どっちなんですか!?」

■たとえば2022年の年始など、数日間だけ少し上がりましたが、結局その数日後、米国の経済指標発表で大きく下げたことがありました。

身もふたもない話ですが、その時々に変わるので情報収集が重要になりますね。

□「年代によって日経が高値圏だったり大きく売られたあとだったり、状況が変わりますもんね」

■そういうことです。

まとめ

  • 重要な指標発表前は株を買わない
  • とくにFOMCに注目
  • 経済ニュースとカレンダーを要チェック

■というわけで、次回は見るべき経済ニュースの紹介です。

この講座では散々「経済ニュースが大事」と言っているわけですが、じゃあどのニュースを見ればいいのか、というのをシェアします。

□「ニュースごとに違いはあるんですか?」

■知りたい情報にもよりますが、データを元に話している人や、バックボーンが信頼できる人中立的なサイトを選ぶことが大事ですね。

…ってここでぜんぶ喋ったら次回のボリューム少なくならない!?

次回↓

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました