【日本】ESFPの芸能人を考察【エンターテイナー】

【日本】ESFPの芸能人を考察【エンターテイナー】

こんにちは、つむぎゆりです!

今回は、ESFPタイプの日本の芸能人を解説します。

ESFPタイプの有名人を考察

前置きをすると、MBTI自体、他人のタイプを測るためにあるものではありません笑

また、さらに芸能人のタイプを考察するというのも、どうしても予測の範囲が増えてしまうのであくまで仮説として見ていただければと。

ちなみにesfpタイプはエンターテイナー型とも呼ばれることがあります。

大泉洋

大泉洋さんはかなりわかりやすいesfpタイプだと思われます。

理由としては、以下のとおり。

  • 明るい性格かつアドリブがうまい
  • 意外と現実的で地に足がついている
  • 細かいことに気がつき、グルメ通でもある
  • 空気が読め周りを気づかえる

まず、大泉洋さんの明るさや面白さは説明不要だと思います笑

で、大事なのは、破天荒なイメージとは裏腹に非常に考え方が現実的なんですよね。

教員免許をもっていたり、結婚相手がテレビプロデューサーだったりと、身の周りの人を大事にしたり着実な道を選んでいるのではないかと。

また、esfpは鋭い感覚を持っているので、料理が得意だったり、人の気持ちを察するのが得意です。

総じて、理論ではなく感情や感覚をつかさどるesfpタイプらしいといえるのではないでしょうか。

明石家さんま

estp説もネットでは見かけましたが、僕はさんまさんはesfpを推したいと思います。

明るく面白いところなどは説明不要だと思うのですが、さんまさんの場合はその考え方がesfpなのかなと。

さんまさんの座右の銘である、生きてるだけで丸儲け、これが実にエンターテイナータイプらしいなと。

esfpは長期計画が苦手で、今を楽しむことを目的としやすいです。

まさしくさんまさんの考え方そのものなのではないでしょうか。

カジサック(梶原雄太)

キングコングの梶原雄太さんもesfpタイプだと思われます。

今はカジサックの名前のほうが通りがいいかもしれません。

梶原さんに関しても、面白さや明るさもそうなのですが、反応の速さや動きを優先するところ。

また、やはり共通点は身内を大事にするところ

動画内容なども家族のことや、身内の話が多かったりされますよね。

あとはチャンネルの方向性などを見ていると、リスナーの反応を見ながらその場その場で軌道修正している節があり、intjの中田敦彦さんと比較すると面白いんですけど、ゴールを決めて今を進むというよりは、今を進めてゴールを決める戦略の練り方なのかなと思いました。

ESFPと芸能界

僕がもっとテレビを見ていれば俳優さんやミュージシャンを挙げられたのかもしれませんが、なにぶんうとくこのあたりが限界でした笑

ただ、マリリンモンローもesfpと言われていたりと、芸能界にはesfpが多いであろう憶測が成り立つので、そのあたりの話をできればと。

人気者で空気が読める

とにかく、esfpのイメージといえば明るみんなの人気者というものでしょう。

社交的なタイプもほかにはいますが、感情を優先し空気読みに長けているのはesfp、enfp、enfjの3タイプといえます。

ちなみに、この3タイプは同じくらい芸能界に向いていると思います(僕はenfpがaikoさん、enfjが今田耕司さんだと思っています)

また、esfpの短所に飽きっぽいというものがありますが、芸能界は変化が大きく、刺激には事欠かさず飽きにくくもあるのではないでしょうか。

外見やアドリブ、先を見ないことでの優位性

esfpはその心理機能上、オシャレな人が多かったり視覚や聴覚などが優れています

よってモデルや俳優に最も向いているといえるでしょう。

また、即座のアドリブも得意分野。

そして見過ごされがちですが、長期計画が苦手なesfpにとって、先のことがわからない芸能界はむしろ合っているのではないでしょうか。

これがほかのタイプなら「いつまで芸能界で生き残れるかな…」「ブームが終わったらどうしよう」などと悩んでしまうところ、esfpならば「先のことなんてわからない」と、弱点がむしろ長所となりえます。

総じて、その美的感覚や明るい性格、短期計画が得意でアドリブ重視なところなどが、esfpと芸能界の相性を高めているといえるでしょう。

まとめ

以上、ESFPの芸能人を考察しました!

やはりお喋りでスピード感のある、華やかな人が多いタイプといえるでしょう。

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました